タイ古式マッサージについて

「世界で一番気持ちいいマッサージ」との別名を持つタイ古式マッサージ。
その特徴は、なんといっても、「セン」といわれるエネルギーラインへの刺激と、アクロバティックなストレッチです。

人体の流れである「セン」に従い、足のつま先から頭の上まで全身をくまなくほぐしていくことにより、血液やリンパの循環を促します。また、 「二人ヨガ」と言われるパートナーストレッチを多用し、一人では伸ばせない筋肉を伸ばしていきます。別名の「世界一きもちのいい」のとおり、とっても気持ちよくて、施術後は疲れがとれスッキリします。

タイの伝統的な古式マッサージは、本来、約2時間から3時間かけ足先からゆっくりゆっくり長い時間をかけてほぐすことが特徴です。

数十分の身体の一部分への刺激では、一時的な回復しか得られないからです。

マッサージ寺とよばれる「ワットポー」

「涅槃仏」が置かれ、世界的観光地であるバンコクのワットポーは、通称マッサージ寺とも呼ばれるタイ王国立寺院です。

寺院内にはマッサージ所が併設され、バンコクを訪れた際には、お気軽にタイ古式マッサージを受けることができます。

約2500年の歴史を持つタイ古式マッサージですが、タイ王国の伝統医療政策として、1955年に、ワットポー タイ伝統医学マッサージスクールが開校されました。「ワットポー」は、タイ国教育省(文部省)及び保健省(厚生省)に管理されたタイで初めてのメディカルスクールでもあるのです。

当店は、そのメディカルスクールの認可で設立された日本ワットポートラディショナルマッサージスクール協会より認定をうけた、日本で数少ないタイ古式マッサージ店です。

follow me